犬と息子と親2匹

PONOPONOを始めること。続けること。

f0316516_227572.jpg


旦那が構わなくなったら夜寝る時間が1時間早くなりました!
わーいわーい。

興奮タイムは相変わらずあるけど、自分でどうにか折り合いをつけてるようです。
私たちに絡みにこなくなりましたの(・∀・)


散歩はズタボロ続きですが、旦那マネジメントが効いてるみたい。

あとは散歩だねー。苦労かけてごめんよたわし。





PONOPONOを始めて継続してる(つったって3ヶ月程度ですが)今現在。


PONOPONOを始めたとき、1ヶ月すぎ、2ヶ月すぎ、自分自身の心構えと心持ちも少し変わってきました。



今はスタートから1ヶ月のときや、先日の激しい揺れ戻しの時とは違い、だいぶ楽にやれるようになってきました。


PONOPONOを始めるのを迷っていた理由は『縛りが多い』と思っていたこと。


ケージだめ、叱るのだめ、6時間以上の留守番だめ。散歩は必ず1日2回。


以前のたわしの飼い方をしてたときは考えられない縛りでした。


留守番時やうっとおしい時に放り込むためのケージ。

カッとなったときに躾と称して発動させたい叱り。

たまには散歩を我慢してもらって飼い主はゆっくり羽を伸ばしたい留守番。



これらや他のルールをちゃんと守れるかかなり不安でした。


かなり不安で、ケージありの極力我慢するけどたまに叱る、散歩時間は2回だけど時間帯バラバラなどと、自分達に都合のいいようにカスタマイズして実践気分に浸ってみたらまー。



悪化の一途でしたわ。腕どころか脇腹や足にも生傷が絶えず、髪の毛もむしられる始末。本気噛みまで出る事態に。


でもそのときは、自分が何が間違ってるのか気づけず、たわしを責める気持ちばかりが先立っていました。


そんな時に出会ったブログが、愛犬の飼い方を強制訓練からPONOPONOに移行した方のブログで。



かなり衝撃的でした。


え、PONOPONOってここまで犬の事考えんの?って。



その方は最初PONOPONOに懐疑的なような印象でしたが、強制訓練で壊れてしまった愛犬との関係を取り戻すべく、とにかくがむしゃらにPONOPONOに取り組んで行く様子を書いておられて。



最初は半信半疑だったようでも、博士のアドバイスを元に散歩法を変え、愛犬を観察し、愛犬に付き合い、愛犬のために生活を変えて、どんどん愛犬の気持ちや表情をご自分で読み取っていくようになって。


そのときそのときの愛犬に合わせる努力を一途に続けていき、ついに強制訓練のトラウマを取り去ることに成功していました。


夢中でブログを読み漁り、ブログ終了間際の飼い主さんの余裕っぷりに圧倒され、私のしてた事はPONOPONOじゃなかったと気付きました。


その後本格的な実践に入ろうと、引越ししてまずケージに閉じ込めをやめたんですが、私は重大な失敗をおかしました。


私、その方のブログをマルっとマネしたんです…_ノ乙(、ン、)_


ブログには『これは我らのリハビリ法。マネしないで』と何度も書いてらしたのに、PONOPONOで犬と向き合う様子がすっごく細かく書いてあるからつい…。


カウンセリング頼まないでこれでうまくいったら儲けもんだわーw

なんてケチで身勝手な思惑でマネしちゃったんですよ。



そしたらたわしのリード嫌いと引っ張り癖を強化しちゃってー(T_T)
引っ張りが強くなると家の中でさらに荒れちゃってー(T_T)
いみなしー(T_T)


私は重大な勘違いをしてまして。
この方のブログを攻略本として読んでいたのですよ。


ああ、こりゃ私ら向けにちゃんと処方箋を出してもらわねばだめなんだ。


その上でこの方のブログは参考書として読むべきなんだと気付き。


そしてカウンセリングをお願いし。


晴れて私たちの方向性が決まったのでありました。



方向性が決まったら、あとは犬との戦い!



ではなく。


敵は誰だと思ったら自分自身(私の場合は旦那も)でございました('A`)


破壊活動に精を出すたわしに『やめて』を言わない。

飛びつき噛みを繰り出すたわしに『やめて』と言わない。


犬の行動を見守り、『やめて』を使わず好ましい方に誘導するなんてむりむり。

だってこいつ全然こっちの思い通じてないじゃーん‼︎‼︎


まあもともと『やめて』なんて聞くやつじゃなかったですが。


カウンセリング前はやめてといいながら無理やり引き離したり、プリプリしながら破壊対象にビターアップルを塗ったりしてました。


カウンセリング初日から1ヶ月はほんとに我慢我慢我慢我慢の日々で、ブログにも書きましたがカウンセリングから1週間目にブチ切れしてます。



ブチ切れの後、ストレスでまた輪をかけて暴れまくるたわしを見て、そこでやっと『叱らない』ことの意味が分かりました。


しかし、叱らないことは難しい。
いつも感情を凪のようにするにはどうすればいいだろう。



叱らなくて済む状態にすりゃいいんじゃん\(^o^)/



まず、破壊対策については破壊されたくないもの、取られたくないものは片付けておくことにしました。



そのかわりオモチャ(100円ショップで日用品などもオモチャとして購入)をたくさん買い、床や壁にはダンボールや木の板を貼っておいたりして破壊されても知らんぷり出来るようにして。


ダンボールが間に合わなくて、どうしても傷付けてもらいたくない場所にはあらかじめ酢をスプレーしといたりもしました。今はやってません。


噛み回避はとにかく逃げの1手。
素早く逃げると追いかけてさらに噛むので、小さく『いたいよ〜』といいながゆーっくり移動しました。


それからはひたすらPONOPONO鉄の掟を守り、破壊対策と噛み回避、さらにたわしを興奮させないために自分に縛りを課しました。




・日中の眠りを邪魔しないようテレビを極力つけない

・大好きだった音楽や落語は聴かない

・息子関係の外出以外は出かけない

・訪問者は断る

・睡眠時間の短いたわしが眠りやすい日中、音が出るような家事はしない

・むやみに歩きまわらない



なにでたわしの興奮スイッチが入るかわからないので、とにかくひたすらジッとすること1ヶ月。


旦那に『頼むからもうちょっと家事して…』と言われながら。


鉄の掟を守るだけでも効果はあったんですが、とにかくひたすらジッとすることで私由来のたわしのスイッチをいれない。
たわし自身がスイッチ入っりっぱなときがほとんどでしたが。

それを申し訳なく見つめておりました。



とにかく1ヶ月〜2ヶ月半ばまではそうやって過ごして。


ライフスタイル全般を、たわしの興奮を抑えるための生活に切り替えて。


それで格段に落ち着いたか?というとそうでもなく。


全体的に室内の興奮はだいぶ弱化したように思いますが、落ち着いた状態なんてはとても言えないです。

でも床の破壊やじゃれ噛みはしなくなりました。


ここまでこぎつけると、だんだんストレスマネジメントがなんか楽しくなってきてねー。




叱らないことにも慣れた、叱りたいことも減った、たわしの表情もなんとなく読みとれるようになってきて、興奮スイッチを入れないコツもつかめてきて。


工夫が効けばたわしは落ち着きが増すから正解だし、落ち着きが出なければそれは失敗でして。


工夫と失敗を繰り返して、たまに正解するのがなんつーか。



部活?部活みたいな楽しさ。



辛いことも苦しいこともあるけど、上手くやれた時の喜びとコーチ(たわし)の笑顔が励みになって。



スランプに陥って『やめたらー!!』って思ったことも何万回もありましたけど。



PONOPONOを知ってしまった以上、他のやり方になんかもう戻れる体ではなくなってましてねー(*_*)


部活(ストレスマネジメント)で上を目指して(20時間睡眠)て部活を趣味(PONOPONOを楽しむ)で続けられることを望んでます。


たわしコーチだってそれがいいよね。


リラックスを勝ち取ってすぐやめちゃったらコーチがっかりよね。


たわしは今は私のコーチだけど、部活を引退してPONOPONOが趣味になったら趣味友達になれるんだから。



そんなこんなで、今現在は部活動の成果でたわしの事がだんだん理解できるようになってきて。


家事や少しのお出掛け、テレビ(ちいさい音)を見るなど、だんだんと自分のやりたい事を優先することが出来て、部活動も楽になってきました。



ダラダラと書いてしまいましたが、私的にストレスマネジメントのコツは、とにかく最初の1ヶ月は鉄の掟を厳守し、耐えることだと思います。
同時に犬を敬う気持ちを養って。


そして、博士のアドバイスは疑ってもいいけどまず試してみること。
博士のアドバイスはシンプルです。
『そんなんむり!』ということもサラッとおっしゃいます。


でもしぶしぶでもやってみると、ちょっとの工夫でムリなくやれてしまったり、それで大幅にストレスマネジメントが進んだりします。


鵜呑みにしてハイハイ!と言うことを聞くのは多分博士も望まれていないと思うんですが、疑いつつでもまず博士のアドバイスに沿った行動が大事。


効き目がなかったらまた博士に質問をぶつけていけばいいんです。


私は今でも頻繁に簡易メール相談を利用しています。

今までたわしにかかった躾ハウツー資料の価格に比べたら、安いもんなんで。



そのうちに自分の許容量も広がりますし、犬も最初よりは落ち着いてると思います。



ストレスマネジメントにヘキエキしてるときは、話が分かる人とのお喋りが1番効きました。


PONOPONOストレスマネジメントは孤独に陥りやすいからよー。・(ノД`)・。
何度1人でさめざめ泣いたことか…


私はブログを通じて、分かり合える仲間が出来たことで1番きつい時期を乗り越えられたと思ってます。


これからまた辛い時期や激しい揺れ戻しが来ても、絶対乗り越えられる基盤が出来たことが嬉しく、みなさんに本当に感謝です。



さてさて、そんな私の基盤の1人、PONO友のじゅんさんがブログを更新しました。


カウンセリング直後からストレスマネジメントの工夫が詳しく書いてあります。


犬に対する姿勢は一途そのもの。


参考になるのでぜひ!

チワックスムギとの生活
[PR]



by tawashiwashiwasi | 2014-02-22 20:05 | ぽのぽの

噛みつき柴のたわしのリハビリとハイパー1歳児の息子育てを同時にやってみる日記。PONOPONO式(外部リンク参照)実践中。
by tawashiwashiwasi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

たわしの1日
at 2016-05-12 23:16
たわしと息子。
at 2016-04-25 23:19
凹んでる
at 2016-02-10 11:08
穴掘り
at 2015-12-21 00:40
『いやがることをしてないから..
at 2015-11-21 09:09

ファン

ブログジャンル

画像一覧