犬と息子と親2匹

PONOPONO散歩について

f0316516_147151.jpg


新しいハーネスは赤。

茶柴はやっぱり赤が似合う〜。






えーと、ハーネスを新調した件で博士にメールをしました。


ちょっとしたアドバイスと正解をいただいたので、せっかくなので共有します。
許可いただきました。


あくまで私とたわしの場合ですが、散歩に悩んでる方はなにかのとっかかりになるかもしれません。


あと、私の散歩の壁をぶち壊すキッカケになった むく母さんのPONOPONO散歩記録もリンクします。




ハーネスのやりとりの中で、博士にこう言っていただきました。

昨日の、犬に釣られないことと、日中の散歩についてです。




『今日の記事で、「付き合いすぎない」というのは大事なことですね。
雪の上を歩いたり、崖を登ったりなどは、しなくていいです。
せっかく長いリードを使っているので、そういう場所は犬だけにしてもらって、奥深くに進もうとしたときには固定すればいいので。

日があるうちに散歩するというのは、一般的にはあまり言われていませんが、とても大事だと思っています。
ストレス度が高い子は、日が暮れると グイグイになりがちです。
日中、天気が良くて気持ちがいい日には、いい散歩ができますね。』



以前、大スランプに陥ったとき、ベソかきながら博士にメールをしましてね。


博士曰く『社会性の高い人ほどリードワークが難しく感じる』ともおっしゃってました。


なるほどー(−_−;)


私めちゃくちゃお調子者で超流されやすいタイプでして。


自由度とリードワークの狭間でかなり悩みました。


私は性格上、ついつい相手に合わせすぎる短所があって。



たわしに対しても、ただでさえたわしの動きに釣られて引きずられたり、早足に早足で追いついてリードを緩ませた状態を目指したり。

プラスして、もともと躾に対する意識も低く、おねだりされたらオヤツをばしばしあげてしまうような性質です。



そんな人間が、PONOPONO散歩の『徹底した犬目線』の意味を履き違えて頭に入れてたので、たわしと共に暴走機関車と化してました。


この徹底した犬目線を、自分用の解釈に変換する必要があると思い、編み出したのが『おばあちゃんになる』という作戦です。


でもこれも、つい忘れっちゃう。
雪なんかザンザン降ってると、おばあちゃんが全然降りてこない。


根本からちょっと目線を変えようと思いました。


なんてゆーかー


私、1日の大半はたわしのこと考えてて。

たわしが大好きで。

たわしは対等な関係だし、対等に扱ってるつもりです。



だから、たわしも私を対等に思ってるはずだとして。


そしたら、散歩の時に

『私はそっち行かないよ』

『私は早く歩かないよ』

『私はもう帰りたいよ』


ってたわしに言ってもいいんじゃないかと思って。


匂い嗅ぎにはとことん付き合うし、方向もたわしに決めてもらうから、私の言い分も言わせてね、くらいの気持ちが私には必要だった気がします。



今まで、旦那よりもたわしに好かれたくて、たわしに媚びてたんですよね。

媚びが入ると、それはもう対等じゃないし、たわしが応えてくれないと勝手に悲しくなる。



うっとおしいですよこれは。


貢ぎ女が優遇されない理由と一緒。



たわしが私より旦那に懐いてる風に見えたのもそれが原因かなと思います。



たわしはたわし。
わたしはわたし。


お互い自由に散歩しよう。

でも5m以上は離れないようにね。


って気持ち。


犬を尊重することにこだわりすぎて、自分を尊重することを忘れてました。


人間関係と同じく考えれば、健全な付き合い方が見えてきます。



で、その健全な関係としての『私は早く歩きたくないよー』の言い方がありますでしょ。


むく母さんのブログが、それはもう参考になりまして。(むく母さんご協力感謝です〜)

むく母さんのブログ

↑リンクです。反転されてるかなー。

解説つきで大変分かりやすいです。


一見引っ張り散歩に見える場面がありますが、犬に釣られず、必ず一定のスピードで歩いておられます。

そして匂い嗅ぎのときはゆるっゆる。



これをやると、ダッシュや早足になりずらいので、リードの長さを固定するとき、自然と衝撃がかかりずらくなります。


匂い嗅ぎして止まったあとの歩きだしにさえ気をつければほぼ大丈夫。


歩きだしはヒトが早足になりがちな気がします。


リードワークとして考えるとちょっと気負いしてしまうけど、とにかくゆーっくり歩く!さえ徹底すれば、なんとなくPONOPONO散歩っぽくなります。



リードがたるんだ状態のが楽だわ、と犬が思えば、そのうちたるんだ状態の散歩が出来るようになるんではないかと。



私、とにかくがっつん止めとがっつん歩き出しさえ注意すれば、犬が勝手にスピード落としてくれるようになるかと思ってました。


でも、犬に釣られて歩いてるうちは、ついスピードが上がってしまいます。


スピードがあがると、いくらガツンとしないようにしてもなかなか難しいのです。


だったら最初からスピードをあげないようにすればいいんですよね。


ちょっとかわいそうに思えますが、ハーネスのサイズがあってればあんまり苦しそうじゃないです。


あと、リードを持つ位置。

私、なんでか分からないけどリードを持つ手をみぞおちの高さにおいてました。


それを、なるべくたわしの背中に並行になるように(実際には無理)と下腹部のあたりにしてみました。

ブルブルする回数が減った気がします。


高い位置で引っ張らせると、釣り上げられてるような状態で気分悪いんでしょうね。




そんな感じで散歩しますと、ネゴシエーションもなかなかスムーズになりました。



んで、それを踏まえての日中3回散歩。



ロング散歩2回と、トイレ散歩1回を明るいうちに済ませる。


博士も『重要』とおっしゃるように、これはストレスマネジメントのマニュアルにしてもいいぐらいではないかと思うほど効果を感じています。



何がそんなに良いのか理由は分かりませんが、とにかく日に当たること、外の空気を吸うことかなと。


つまり日中を気分よく過ごすこと?かな。

そうすると、興奮がちな夕方以降もまったり気分になるんじゃないかと思いました。



日中外に出られない事情があるなら、ベランダや窓を開けておくだけでも違う気がします。試したことないけど。



日が落ちると、外敵や怪しげなものが怖いので、たわしは神経が尖るようです。


なんもいないのにロックオンされたりすると私も怖いし。


で、そんな怖い夜なのに、たわしはどんどん歩きたがります。


帰路じゃないほうにたわしは歩きだします。
興奮にスイッチが入り、我を忘れる1歩前くらいでしょうか。


それをなるべく長くリードを伸ばした状態で、私は帰路の方に体を向けときます。


自由度は保ったままで、先には進めない状態です。

なかなかこっちに来ませんが、先に進むことも出来ないので、あちらもオスワリでネゴシエーションしてきたり、足元を嗅いだり、ウロウロ歩いたりします。



すんなり帰るには至りませんが、この時間がけっこう重要なんじゃないかと。


ウロウロしたり匂いを嗅いだりで冷静になってくれれば、帰宅後に暴れないような。

ここで紐ひいちゃったり、抱っこしちゃうと途端にたわしはご機嫌を悪くするので、早く帰りてーって気持ちを抑え、なるべく上機嫌に帰るべよーってオーラを出して。



日中3回散歩と、夜のダラダラ歩きをなくし、自発的に帰宅してくれるまで待つ、をやってみたら
家での落ち着きが格段に上がりました。



散歩中にリード噛みが出ても、家に帰って自分が静かにしてればたわしも早く落ち着きます。


リード噛みをさせてしまったから失敗、ではなく、家で落ち着いてればOKと考えるようにしました。


ゆーっくり散歩してれば、リード噛みをするタイミングもないので、そのうち無くなるもんだと思います。


なんつってーここまで書いて、さっきの昼散歩でリード噛み出しちゃいましたってば(−_−;)


さて、この後どうなるやら…
[PR]



by tawashiwashiwasi | 2013-12-21 14:02 | 散歩 | Comments(6)
Commented by ルーまま at 2013-12-21 18:34 x
今日の内容は結構濃い~し
 納得がいっぱい (^^)!

午後散歩(またまたリード噛み有り)から帰って10分ほど
暴れたおし その後ポテッと寝てはります(ーー;)

リード噛みしても家で落ち着いてる時もあれは割とましだったと思っても
いまいちな時ってありませんか?

力を抜いて深呼吸して
さーて 明日ものんびり歩くぞ  )^o^(

Commented by tawashiwashiwasi at 2013-12-21 21:47
ルーままさん
読み返してみたら、まあ読みずらい作文になっちゃいました…(;´Д`)
自分の頭の整理も兼ねてるので、なんかすみません。

ありますねー!散歩内容とその後の態度が合致しないとき!

なんなんですかねえ?
天気だとか、匂いだとか、私たちの知らないポイントがあるんでしょうかね。

10分間お疲れさまでした!
うちはさっきから大荒れです(^_^;)

明日ものんびりいきましょ!
Commented by うなこ at 2013-12-21 22:16 x
たわし母さん、こんばんは。
先日の差し出がましいコメント以来、ずっと読み逃げしてまして、済みません・・・
いつも参考になる内容で、非常に助かってます。
出だしの早足がなかなか直らなかったのが、
「私がゆっくり歩く」を心がけると格段に良くなりました♪

さてさて、今回のブログで、その通りだなあと思ったのは、
実は犬のことではなく、息子(中1)のこと。
ゲームをだらだらやっていて、何度ルールを決めても
そのうち、なあなあになってしまって。
(ルールと言ってもゆるゆるの最低限ですけどね。)
私がガミガミ言いたくないから、と思ってましたが、
実は息子の機嫌を損ねたくなかったんですね。
でも、私が「ルールを守らせる」と心に決めて、
冷静に淡々とやれば、大丈夫かもしれないと気づいたところでした。
そして、意外と息子もそれを望んでいるのかも・・とも。

Ponoponoって、ほんとに子育てとリンクしてる部分が多いんですよ。
きっとナナくんもいい子に育つでしょうね(^-^)
成長が楽しみですね。
Commented by TT at 2013-12-21 23:40 x
ホシさん、こんばんわー!

今日の記事も、なるほど!なるほど~!でした。
うちも、夜トイレに出すとどんどん興奮して最後リード噛みしちゃうんですよね。。。
トイレしたら即帰宅の方向に持ってった方が良さげかなー。
悩みつつ、一歩ずつ進んでるホシさんやみなさんを見てると
私も一歩ずつでいいやーって思えるようになりました。
あぁ、カウンセリングうけよっかな(笑)
Commented by tawashiwashiwasi at 2013-12-22 08:37
うなこさん
お久しぶりですー!その節はありがとうございました!ご指摘いただいて大変ありがたかったです。

PONOPONOと子育てはリンクしている、犬と子供の諸先輩方、みなさんおっしゃいますね!
ゲームをやり続けてしまう息子さん、共感してしまいます。
実は私も若いとき、寝ても覚めてもゲームをしてた時期がありまして。
一人暮らしの時だったので、誰にも止められず延々やってました。
うなこさんがおっしゃるように、誰か止めてー状態だったと思います。
やめなきゃって分かってるのに自分ではやめられないんですよね。

犬のグイグイ散歩と似た心理だと思うと納得です。

息子ナナにPONOPONOを実践(笑)するのはまだ少し先ですが、必ず役に立つと思います(´ー`)
それまでたわしで精神修行ですねー。
Commented by tawashiwashiwasi at 2013-12-22 08:44
TTさん
おはようございますヽ(´∀`)ノ

夜のトイレ散歩、ワンは何故か歩きたがるんですよねー。
博士が言うには、興奮して我を忘れてる状態とのことです。
たわしは興奮中毒が抜けてないので、多分興奮を求めて歩き回りたがるんだと思いますが、私は『シッコしたら帰りたい』を主張し続けてますね。
まだ時間がかかりそうですが、そのうちアッサリ散歩になってくれればと期待してます(´・∀・`)

迷っているならカウンセリング、強くオススメします。
博士から悩みの解答をもらえると安心しますよー!
私は博士から返信が来るのが楽しみすぎて、常にスマホを握りしめた恋する乙女状態になってました笑

噛みつき柴だったたわし4歳、ADHDグレーの息子4歳、同じくADHDグレーの私のブログ
by tawashiwashiwasi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

生首かわいい
at 2017-10-16 09:26
雨続き
at 2017-09-01 00:34
気付けば1年?
at 2017-05-28 10:27
たわしの1日
at 2016-05-12 23:16
たわしと息子。
at 2016-04-25 23:19

ファン

ブログジャンル

画像一覧