犬と息子と親2匹

室内フリーにしたらどうなった

f0316516_2140863.jpg

大急ぎで停滞していた引越しを終わらせ、完全室内フリーをちょっと渋ってた旦那を出し抜き。


たわしを新居に解き放ちました。

最初は興奮して畳掘ったり家中駆け回ったり。


やべー…かなと思ったんですが。


そのうち気が済んだのか、ペタンとフセて。


すごく穏やかな顔でくつろぎ出しました。



その日から寝室も一緒。

寝室も一緒っても私らが寝るタイミングでたわしも連れてくるとかではなく。


ドアにドアストッパーして、犬おひとりさまの通り道を確保しておいたんです。


ドアストッパーっつかウェットティッシュの箱で…( ´_ゝ`)ちょうどいいの。



これで昼間も夜間もいつでも出入り自由。



一緒に寝ようが寝まいが自由。



初日は私らが二階に上がろうとすると、階段の下まで来て止まっちゃったんですが、お誘いしたらついてきました。



もふもふの布団に大興奮のたわし。
部屋ん中をワフワフ言いながら駆け巡り、パタンと電池切れ。



唖然としながらそれを眺めていた私らも我に返り、嬉しそうだね、よかったね。
んじゃまあまあ寝ようと。
横になりました。



うわぁ。たわし、じゃまー。
と思いながら。




夜中、ふと目を覚ますと、旦那が熟睡するたわしを見つめてました。



『こんなに可愛い顔して寝るんだね…』
とポツリ。




たしかに。




実は私たち、ぐっすり寝てるたわしをあまり見たことがなかったんです。



使っていたケージにはシーツをかけて目隠ししてて。



たまに夜中とか朝方とか覗いても、たわしは必ず目をあけてて。



茶の間で目をつぶってることはあったけど、物音や人の動く気配ですぐ起きちゃう。



それが、物音や人の気配なんて満載であろう同じ部屋の同じ布団で、こんなにシゲシゲとたわしを見つめることが出来るなんて。



泣きそうになりました。



これはもう二度とケージ飼いには戻れないや。
だってたわしすごく可愛いんだもん。



と。




可愛くみえる、怖い感じしない。
昨日まではもっとピリついた雰囲気があったのに。



室内フリーにするだけでこんなに変わるのかとびっくり。



この日から、リラックス時に撫でても怒らなくなるどころか、お腹をさすれと足パカまでするようになりました。
[PR]



by tawashiwashiwasi | 2013-11-23 16:20 | ぽのぽの | Comments(0)

噛みつき柴だったたわし4歳、ADHDグレーの息子4歳、同じくADHDグレーの私のブログ
by tawashiwashiwasi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

気付けば1年?
at 2017-05-28 10:27
たわしの1日
at 2016-05-12 23:16
たわしと息子。
at 2016-04-25 23:19
凹んでる
at 2016-02-10 11:08
穴掘り
at 2015-12-21 00:40

ファン

ブログジャンル